コンテンツ

和式にも良さがある!トイレリフォームでの選択

学校などの公共施設にはまだまだ和式トイレが残っているとはいえ、一般家庭ではほとんどが洋式を使用していたり和式を洋式にリフォームするパターンが増えていたりしている状況です。世間での洋式のプラスイメージに押されてすっかり影を潜めていますが、和式にも洋式とは違う良さがいろいろあります。トイレリフォームを考える際に、どちらを選択すればいいのか今一度検討し直してみてはいかがでしょうか?

■和式ならではの長所を見直す

近年は洋式トイレの魅力ばかり取り上げられていますが、和式にも良いところはたくさんあります。まずはしゃがむという姿勢によって洋式の腰かけている状態よりも力が入りやすくなり、排便が容易になります。また、他の人が座ったものに自分のお尻をくっつけたくないと考える人は和式のほうが向いています。便器の構造が単純なので、掃除が簡単にできるというメリットもあります。そして何より、洋式よりも安価なものが多いのは魅力的です。トイレリフォームはしたいけれど予算が厳しいのであれば、そのまま便器交換だけすればかなり費用を抑えられます。

■それでも気になる和式のデメリット

長所と短所は表裏一体の関係にあり、良い部分が見方によっては欠点にもなってしまいます。例えば姿勢について見てみると、力が入りやすくなるとはいえしゃがむ体勢がつらい人もいます。足腰が弱くなってきているお年寄りはもちろん、妊娠中の人や足にけがをしている人も困ります。また掃除が簡単にできても、槽が浅いので排便時に臭いが気になるのも残念な点です。そのほか、水がはねやすかったりトイレットペーパーが流れにくかったり、詰まりなどのトラブルに弱いというデメリットもあります。汚れが目立ちやすい分見た目が不衛生に感じられるのもあり、時代と共に設置数が減少していったのは仕方のないことなのかもしれません。

■まとめ
メリットもたくさんありますが、時流を見ると和式はこれからも減少の一途を辿ることが想像できます。そうなると今後、トイレリフォームの際に和式にしたくても便器の種類が少なくて選ぶ範囲が狭くなるなどの不都合が生じてきます。スムーズな排便は健康面で考えるとかなり魅力的ですが、年を取ってからしゃがむのがつらくなるというような先の事態を考慮すると、思いきって洋式にリフォームしてしまうのが無難なのかもしれません。自身の生活環境と照らし合わせながら、どちらを選べばいいのかよく考えてみてください。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ