コンテンツ

トイレリフォームするなら水洗トイレに!気になる工程と費用は?

水洗トイレの普及率は高くなってはきていますが、いまだに汲み取り式トイレを使用している地域も少なからずあります。水洗タイプへのトイレリフォームは、汲み取りタイプを利用している人全ての憧れといっても過言ではありません。しかし、水洗タイプに移行するにはかなり大がかりな工事が必要になり、費用も他のトイレリフォームと比較すると格段に高くなってしまいます。費用がどれくらいかかるのか把握しておくことも大切ですが、どのような工程で水洗化が行われるのかを知っておくことでリフォームも検討しやすくなるでしょう。

■便槽の撤去と浄化槽の設置

手順としては、まず便器を外したのち便槽を掘り起こして撤去します。それから下水に配管するのが通常のパターンですが、水洗化が進んでいない地域は下水が近くにないこともあるため、その場合は代わりに浄化槽を設置することになります。設置するにあたって、書類の提出や管理などについては自治体ごとに決まっているので、それに則って行う必要があります。しかし、浄化槽そのものを設置できない環境の場合もあります。自分の住んでいる地域がどのような状況に置かれているのか、お住まいの自治体に問い合わせてみましょう。

■簡易水洗トイレを設置する場合

浄化槽を設置できず下水の配管も不可能なときは、簡易水洗トイレにリフォームするという方法もあります。その場合は汲み取り式同様便槽が必要になりますが、実際使用するにあたっては注意が必要です。便槽の容量の目安としては、100リットルに家族の人数をかけた合計がおよそ一ヶ月分に相当します。水洗ですので水を使う分汲み取り式よりも早くいっぱいになってしまうので、汲み取りにきてもらう周期も短くなります。それでも汲み取り式よりは清潔感がアップしますし、普通の水洗トイレに比べて設置費用はだいぶ抑えられますので、状況によっては選択肢のひとつに加えるのもよいでしょう。

■まとめ
汲み取り式から水洗化するのはお金がかかるだけではなく、自分の希望だけではどうにもならないケースもあるのが実情です。高額でも費用を用意すれば水洗トイレにリフォームできる可能性があるなら、思いきって交換するのは悪いことではありません。それが不可能でも、簡易水洗トイレに変えるだけでだいぶ気分が違ってきます。トイレにどれだけお金をかけられるかはそれぞれの価値観次第ですが、清潔なトイレが生活に潤いを与えるのは言うまでもありません。自分たちのライフスタイルと照らし合わせながら、どの方法を選ぶのが最善なのかを相談してみてください。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ